ごあいさつ

スタッフ紹介

​ごあいさつ
かきのき教育支援室コンブリオのホームページへようこそ。

私は14年間の公立小学校教員経験の中で、学習や生活環境に特別な配慮を必要としている子や、診断の有無にかかわらず学習に対して独特のパターンをもつ子ども達に、しっかりとしたアプローチをとって自信をもってできることを増やしていくには、ゆっくり見守る場所がどうしても必要ではないかと考え、その場のつくり方を模索していました。
また、スタッフの吉田幸恵は、学習障害と診断を受けた子を育てる母という立場で、その純粋で繊細な心と豊かな感受性を目の当たりにしました。診断名という枠をこえて、あるがままの子どもの姿を受けとめることが、親子の安心感を生み、その子のもつ本来の力が発揮できることを実感していました。そして、発達障害児が共感性に欠けるといわれる今日において、大人の視点を少しだけ変えていくことで、互いに十分にわかりあえるということを伝えるべく手法を学んでいるところでした。
そんな二人がそれぞれの経験を生かし子ども達とより深いつながりを築きながら向き合うことができるように、2009年7月「かきのき教育支援室 con brio コンブリオ」としてに設立しました。
子どもの環境のため、保護者・医療・療育・学校をはじめとした教育現場と広く連携しながら活動していきます。どうぞよろしくお願いします。

 

スタッフ 

コンブリオ代表

吉田 博司  個別・グループ学習指導教育相談

<経歴>
1994年 東京学芸大学教育学部卒 
同年 東京都公立小学校教員として採用
2008年 発達障害がある子どもへの支援を行うべく退職
同年 特別支援教育支援員として、通常学級に在籍する発達障害がある子ども達
への学習支援を行う

2009年 かきのき教育支援室 コンブリオを開設
※東京都講師兼務(都内公立小学校)

<資格> 特別支援教育士 (S.E.N.S) および 小,中(社),高(地・歴)学校教諭一種免許


<所属学会> 日本LD学会

▶▶▶「コンブリオができるまで(設立までの経緯について)」はこちら

 

メンター (心理・相談)

吉田 幸恵  母と子の相談グループ学習指導

<経歴>
学習障害の診断を受けた長男(1992年生まれ)の子育て経験あり

 

2004年〜 国内外の大学にて、心理学及び精神心理力学・ヒーリングサイエンスに基づくエネルギー療法を学び、2010年トラウマに対する2年間の実践的な心理プロセストレーニング終了
2009年〜 かきのき教育支援室コンブリオにて心理相談(メンタリング)、グループコミュニケーション指導に従事

※1985年〜外資系金融機関就職、結婚退職後、約9年間の子育て期間を経て、2000年医療法人マネジメント業務にて復職

その後転居により、2002年〜子育ての傍ら非常勤職員として国家機関にて人事業務(人事課配属)、都内教育委員会にて学校事務(小学校配属)、児童養護施設勤務経験あり

また、短期業務としてクリニック立ち上げ (2施設)参加や、小児発達クリニック(受付)勤務、公共機関での学生職業相談/指導経験あり

<トレーニング・資格>
Barbara Brennan School of Healing(米国フロリダ州認定4年制ヒーリングサイエンス単科大学/補完医療)トラウマ(自己及び他者)に関する心理プロセス
トレーニング2年課程 終了※自己変容プロセス継続中 

専門:トラウマ.健康的な相互依存関係
国際メンターシップ協会認定アソシエートメンター
日本心理学会認定心理士(第23915号)

児童指導員任用資格

▶▶▶「 我が子の本当の姿 -子どもの心と親の心- (発達障害児の子育て体験記)」はこちら

どの子にも  自信 と 安心  そして  笑顔を…

  • Facebook Social Icon

Copyright 2009-2020 kakinoki Kyouiku Shienshitsu Conbrio. All Rights Reserved.